Thai Local Life

タイでの現地生活をご紹介します

タイ(バンコク郊外)での生活費は1ヵ月いくら?移住、赴任を考えている方へ実情をお伝えします。

海外移住を考える際、真っ先に候補に挙がるのがタイをはじめとする東南アジア諸国だと思います。

いくら安いと安いと言っても、どのくらい安いのか実際どうなのかわからないと計画も立てられませんよね。

今回は、私の現状を踏まえたバンコク郊外での生活費について書いてみます。

移住や赴任を考えている方の参考になれば嬉しいです。 

※1バーツ=3円で計算。現在、実際は3.2円前後。

 

1.家賃

どのような所に住むかで大きく変わると思いますが、生活費の大きなウェイトを占めますので、選択は慎重に行いましょう。

大体3,000B~25,000Bと物件により大きな開きがあるようです。

私の場合は、アパートで月4,000B(12,000円)の物件で、光熱費を含むと

月6,000B(18,000円)程度です。

部屋は1人用、エアコン付き、10畳ほど、ベッド以外の家具無し、キッチン無し、

Wi-fi付です。

入居後に、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、温水器、湯沸ポットを購入しました。

Wi-fiがあるのは、なにかと便利で助かっています。ちょっと不安定ですけど笑

自分以外の入居者は基本的にタイ人、たまにファランが居るようなTHEローカルという感じのアパートです。部屋の中や、トイレ、シャワールームは奇麗かというと、そうでも無いですが、住む分には十分です。もちろん日本人向けのコンドーなどと比べると、かなり劣るとは思いますが、タイの一般的なレベルです。

2.食費

日本と比べると絶句するくらい安いです。タイに来てセブンで初めて値札を見た時は、自分の円とバーツの換算が間違っていると思った程です。

私の場合は、屋台とコンビニを中心に一食70B×朝昼晩3回=一日210B(630円)をベースに、たまに日本食や飲みに出かけて月8,000B(24,000円)程度には収まるようにしています。

普段の生活で利用するであろう、何パターンか挙げてみます。

 

・屋台

 30~50B(90~150円)

 一般的なタイ料理、おかず+ごはんで30~40B、ピセー(大盛)で50B程度です。

 ガイピン(焼鳥)+カオニアオ(もち米)で30B程度。

 お水、スープはタダです。

 

・セブン等のコンビニ

 40~70B(120~210円)

 お弁当・冷凍のカーオパッ(炒飯)等で40B、日本食系の弁当で50~60B、

 サンドイッチ、ハンバーガーで20~40B、パン1個10~20B、飲み物(500ml)

 は10~20Bです。

 

・日本食

 100~200B(300~600円)

 一品100B前後、セットメニューで150~200B程度です。どうしても高くなって

 しまいますが、高くて600円程度です。日本だと安くても600円位はしますので

 それでもまだ安いですね。

 

・飲み屋

 ローカル  300~500B(900~1,500円)

 日本食   500~1000B(1,500~3,000円)

 ビールを飲むか、ウィスキー・ブランデーを飲むかでも変わってきますが、

 1,000円とか2,000円で済んでしまいます。ビールは一本200円位ですが、

 ウィスキー・ブランデーだと一本1,000円前後でボトルキープもできるので

 経済的です。

 正直、日本で4,000とか5,000円払ってまで飲みに行こうと思わなくなってしま

 いそうです笑

 

3.通信費

 携帯代、インターネット代ですが、どちらも月1,000B程度で契約可能です。

 私の場合は、インターネットはアパートのWi-fiを使用していますので、

 携帯代の1,000B(3,000円)のみです。

 タイで携帯を使う場合は、SIMフリーの本体を用意する必要があります。

 キャリアは、AIS、DTAC、TRUEが有名です。

4.娯楽費

 こちらは人によって大きな差が出る部分ですね。食べ歩き、飲み歩き、

 観光、ゴルフ、風俗等挙げればきりがありませんね。

 例えば、ゴルフの場合だと練習で40球20B(60円)、コースで3000~5000B

 (9,000~15,000円)程度でしょうか。

 カラオケ等の風俗だと、1時間飲んで1,000B、ホテルまで行くと5,000B程度

 は必要ですね。

 ネット、散歩等のお金がかからないものであれば限りなくゼロにできますね。

 私の場合は、カメラやショッピングセンター散策、散歩等あまりお金を使わない

 月だと、本当にゼロの場合もあります。色々お金を使ったとしても5,000B

   (15,000円)位ですね。貯金したいというのもあり、10,000Bレベルは使おうと思い

 ません笑

 

まとめ

上記を基に、平均的な生活、節約生活、私の場合の生活費をまとめます。

娯楽は各個人による所が大きいので、各自補正をお願い致します笑

 

平均的な生活

家賃    10,000B

食費      8,000B

通信費   2,000B

娯楽  10,000B

合計  30,000B(90,000円)

 

節約生活

家賃      4,000B

食費      4,200B

通信費      500B

娯楽      0B

合計    8,700B(26,100円)

 

私の場合

家賃      6,000B

食費      8,000B

通信費   1,000B

娯楽    5,000B

合計  20,000B(60,000円)

 

こうやってまとめてみると、平均的な生活でも十分余裕のある生活が出来そうです。

私の生活でも苦しい思いをしているわけでもなく、ごくごく普通の生活と思っています。節約生活は、無駄を省き娯楽費もゼロにしていますが、苦しそうな生活と思う反面、生きていくだけであれば30,000円もあれば十分可能であるという事に驚きです。

日本で生活する場合の家賃分と同等か、それにも満たない位ですね。

仮に月20万円の収入があると、本気を出せば月17万円を貯金できてしまいますね。

日本だと良くても月10万円の貯金が精一杯だと思うので、現地で就職するのも夢があると思います。

 

結論、

30,000円あれば生活は十分可能

100,000円以上あれば平均以上の生活が可能

 

以上、参考にして頂ければ幸いです。

 

thailocallife.hatenablog.com


thailocallife.hatenablog.com

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村