Thai Local Life

タイでの現地生活をご紹介します

タイ語検定3級を受けてみた!バンコク会場で受ける方法

f:id:thailocallife:20171108211707j:plain

どうもこんにちは。タイチです。

 

みなさんはタイ語検定はご存知ですか?知っていても受けるほどではない

とか、受け方がわからないとか色々あると思います。

 

私は前々からタイ語検定は知っていたのですが、受けたことはありませんでした。

そもそもタイ語を学び始めて浅いですし、受けるタイミングが良くわかりません

でした。

しかし、ある程度意思の疎通ができるようになると、タイ語を学習する意欲が落ち

てきている事に気が付き、勉強の必然性を高めるために思い切って受験することに

決めました。

 

初めは4級からと思っていたのですが、気づいたころにはすでに4級は締め切られて

おり、やむなく3級を背伸びする形で受けることになりました。

 

バンコク会場で受験しましたので、受験手順等を紹介します。

 

タイ語検定について

f:id:thailocallife:20171108211858j:plain

受験料、各級のレベルについて

f:id:thailocallife:20171108212130j:plain

受験料は受験する級によって異なります。

価格は現在の場合、日本で受ける方が安いですね。

入門から上級まで幅広いレベルの方が対象となるかと思います。

各級のレベル差は結構大きいように感じます。

 

願書入手

バンコクでの受験の場合、WEBでの出願が不可となります。

全員もれなく郵送での出願となります。

願書の入手はタイ語検定のサイトから行えます。

タイの場合はバンコク用の用紙をダウンロードしましょう。

印刷はA4用紙が標準です。

 

願書記入

用紙に必要事項を書き込みます。

証明写真は3×4㎝になります。

ありのままに記入をすれば特に問題は無いです。

 

願書提出

受験料の支払い

銀行振込のみの取り扱いです。

3級は2,800バーツ(9,000円程度)となっており、結構高額です。

レシートは捨てずに持ち帰りましょう。願書と一緒に提出します。

これが逆にモチベーションとなるのですがね・・・笑

支払い先がバンコク銀行なので、バンコク銀行から行えば手数料はかからないよう

です。

私は他行から振り込みましたので数十バーツ支払いました笑

郵送

締め切り日に必着となっていますので、郵送は余裕をもって行いましょう。

試験会場のキャパシティによって順次締め切りが行われます。

自分が受けたい級をうけるためにも応募は早めに済ませましょう。

 

願書と振込明細のレシートを同梱し発送します。

3日前にあわてて出したのですが、無事に受理されました。

郵送したことが証明できるようにEMS、書留等で郵送しましょう。

窓口への直接提出、支払いは不可です。

 

郵送先・振込先はコチラ

 

受験票の受け取り

f:id:thailocallife:20171108212644j:plain

願書が受理されれば、試験日の2週間程度前には受験票が郵送で届きます。

内容物は受験票、領収書、案内のパンフレットでした。

 

試験勉強

 すべて独学でタイ語学習の本を読んで勉強しました。

主にタイ語の基礎という書籍にて学習を行いました。

できるだけ、テスト用の問題集を買った方が良いかと思います。

また、協会主催の講習会も開かれておりますので可能であれば受講が

望ましいようです。

試験会場への行き方

バンコク会場はエカマイにある、Darakam Schoolとなります。

 

道順

エカマイ駅からトンロー駅方面へ150mほど真っすぐ歩きます。

f:id:thailocallife:20171108213237j:plain

ここで左折します。DARAKAM SCHOOLの看板が見えますね。

当日はマルを書いた部分にタイ語検定の案内が貼ってあります。

f:id:thailocallife:20171108213657j:plain

しばらく進むとサイエンスセンターという施設の門があります。

ここの横に見ながらもう少し進みます。

f:id:thailocallife:20171108213937j:plain

ここまでくればもう一息です。黄色いタイ語検定の案内が見える路地に入ります。

f:id:thailocallife:20171108214204j:plain

ブログ等でタイ語検定を紹介されている方が皆さんUPしている場所です笑

f:id:thailocallife:20171108214331j:plain

あと100mほど行けば会場です。

事前にネットで順路を調べて行ったのですが、思ったよりもわかりやすかった

です。エカマイ駅からの最初の左折の所まで来てしまえば、日本人がたくさん歩い

ていますので、その流れに乗れば会場までたどり着けます笑

 

当日は公共交通機関でということでタクシーで付近まで向かいましたが、

駐在員と思しき方は運転手付きの車で会場敷地内に乗り付けておるようでした笑

 

地図

 

f:id:thailocallife:20171108213012j:plain

 

試験の感想

 3級は日常生活が送れるタイ語を十分に理解、簡単な書籍が読める程度との設定

となっています。現在の私のレベルでは、読み書きともに不十分で合格にはまだ

まだ勉強が必要と感じました。

ある程度は読めても、意味が分からなかったり書き方がわからないものが多く

自分のレベルの低さを思い知りました。

並べ替えの問題では、慣用句的なものを知らずお手上げの問題がありました。

全体的に自信をもって回答できたものがあまり多くなかったです。5割行けば

いい方だと思います。

 

テスト用の問題集や講習は受けていないのですが、ぶっつけ本番では試験の形式

に戸惑うこともあり、次回は問題集が必須だと感じました。

リスニングも対策しておけば試験の形式もですがもう少し対応できたのかな?と

思います。

筆記の長文問題あたりで時間が少なくなり、焦りが出てしまい冷静に問題を解く

事が出来ませんでした。

 

今回の結果は、約一か月後に届くとのことですが不合格だと思います笑

元々、力試しとモチベーションアップのために受けたのでそれは特に問題ありま

せん。

試験を受けてよかったなと思ったのが、バンコク会場の3級で200名近くの受験者

がおり、タイ語を勉強している方がたくさんいるという事を知れたことです。

実は受験前は20~30人くらいかなと思っていましたが、会場に行ってびっくり日本

人がたくさんいるではありませんか笑

 

皆さんテスト前には真剣にノート等を見直されていましたが、手書きのノートや

メモを見ておられる方が多く今後のタイ語学習のやる気がさらに上がりました。

大人になってからこういうテストの雰囲気はあまりなかったので本当に良い刺激

です。

次回に向けて、コツコツと勉強を続けていこうと思います。

 

受けたことがない方もタイ語検定に挑戦してみてはいかがでしょうか!

thailocallife.hatenablog.com

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ