Thai Local Life

タイでの現地生活をご紹介します

タイでの生活は安全?危険?治安はどうか?

こんにちは。タイチです。

 

最近はジワジワと暑くなってきています。

来月にはソンクランで、もう間近に迫っていますね。

暑くなるのもうなづけます、、、笑

 

さて、しばらくタイに住んでいますが、タイで生活を始めるとか、

今後駐在をするにあたって国の治安や安全性は皆さん気になる点

であると思います。

かくいう私も日本に居た時は、ひったくりとか泥棒が多くとても

治安が悪いところだという漠然としたイメージがありました笑

 

今回は、私が実際に生活してのタイの治安や安全面について実感

した事や気を付けるべきことを書き出してみます。

※バンコク近郊での話です。

 

事件について

殺人

殺人事件は時々起こっているようです。南西の地域ではテロ等も。

私の住む地域でも2年ほど前に事件があったといいますが、日常で

脅威と感じたことはありません。

 

盗難

よく、ひったくりが多いというふうに聞きますが、観光地やチャット

チャックのようなところでない限りはあまり気にすることはないと

感じています。

近所の市場などのレベルであれば、まったくその気配はありません。

 

家への泥棒というか、窃盗は被害にあった同僚が居て、アパートで

あっても部屋に金品を沢山保管するのはやめた方が良いと聞いてい

ます。他の方からも同様の指摘がありました。

守衛やセキュリティ付きのアパートでも、出入りは正直ガバガバの

管理ですし確かに気を付けるべきかもしれません。

泥棒は一軒家の方が狙われる恐れがあると思います。

 

落とし物や置き引きでの物の紛失はほぼ確実のようなので、物の管理

はしっかりした方が良いかと思います。

会社などであれば、あまり心配はないかと思いますが万全を期すには、

常に自分の管理下に置くことをお勧めします。

 

交通、インフラについて

道路

日本とは比べ物にならないほどがたがた、ぼこぼこ、穴だらけが

普通です。車であればそれほど大きな問題になることは少ないで

すが、バイクや自転車の場合は致命的となるような大穴ができて

いたりしますので細心の注意が必要です。

アスファルトの舗装も多いですが、下地の処理があまりよくなく

すぐに陥没したり穴が開いたりと傷んでしまうとのことです。

道を歩く場合ですが、針金が露出していたり、コンクリートの溝

の蓋が割れていたりと本当に危険がいっぱいです。

歩くときは前もさることながら、足元をよく見て歩きましょう。

 

車、タクシー

交通量が多い上に、スピード違反や荒い運転をしていたり、古い車、

改造車などかなり危険な香りがする状況です。

無免許運転も横行しているようなので、ほかの車はあまり信用でき

ません。

交通事故はほぼ毎日見かけるくらいに多いです。

ソンクランの期間は死亡事故が多発し、毎年事故件数や死者数が

ニュースで発表されています。

日本のようにコンビニに突っ込むのは聞いたことがありませんが、

単純な追突やスリップ事故は相当数あると思われます。

タイヤを買うお金がなく、溝が無くなったスリックタイヤ状態で

走っている車もたびたび見かけます。雨が降るとすぐに事故が発

生し大渋滞となります。

運転があまりうまくないくせにスピードを出す車が多いです。

夜は飲酒運転も多いようで、注意が必要です。

煽り運転も横行していますが、日本のように悪意がある感じでは

無く、急いでいるから車線を開けて欲しいと訴えかけてくる煽り

方です。連続パッシングも日常的ですね。

車線変更時もウィンカーを点けて寄って行けば、大抵の場合はゆ

ずってもらえますし、スペースがあればさっさと入ってしまうの

が良いです。入れてもらえない場合もありますが、その場合は次

で狙えば問題ありません。

逆に、無理やり入ってくるような形になることもありますが、

その場合は譲ってあげればよいだけです。この点は、日本より良

い雰囲気といいますか、合理的だと思います。

日本だと、絶対に入れてくれないような地域もありますし、少し

無理してはいるとすぐに煽ってきたり、パッシングしてきますか

らね笑

 

タクシーの利用は問題ないと思います。車を奇麗にしているタク

シーを選ぶのがポイントです。改造タクシーや汚いタクシーは地

雷かと。

 

バイク(モーターサイ)

日本とは数が全く違うので、車を運転する際はバイクがたくさん

走っていることを考慮しましょう。

右から左からと抜いてこようとしますし、渋滞の際のすり抜けも

すさまじいです。歩道まで使ってくるくらいです。

また、逆走も定番ですので、常に注意が必要です。

夜は無灯火での逆走もあり得ますので、気が抜けませんね。

旅行などではバイクタクシーを使うこともあるかもしれませんが、

危険なので、できるだけ車のタクシーを使うことをお勧めします。

ノーヘルは危ないですよ。

 

トゥクトゥク

爽快感は気持ちいいですが、横転事故などの話はよく耳にします。

普段使いするようなものではないと思いますが、あまり乗らない方

が良いです。

 

バス・トラック

 古い車両も多くあまり近づかない方が良いです。無理やり車線変更を

することもあり危険です。

また、こちらも古いタイヤを使っていることも多く注意が必要です。

以前、すぐそばでトラックのタイヤがバーストした経験もあり、特に

疑っています。

 

 

 基本的には、無害の犬が多いですがまれに攻撃してくる犬や突然後

ろからかみついてくる犬がいるようです。

攻撃を受けそうな場合は、逃げるよりも本気で戦うつもりになった

方が良いかもしれません。逃げようとすると追ってくるという厄介

さです。

かわいいかもしれませんが、狂犬病の恐れがあるため触るのはやめ

ましょう。

狂犬病は、なめられた場合でも感染の可能性があるといいます。

噛まれた場合は即病院へ行き、狂犬病予防の注射を受けるほかあり

ません。何度も病院へ行き注射を受けるハメになります。

狂犬病になれば致死率は100%ですので、要注意です。

 

結局、タイの治安や安全性は

どうなの?

 想像よりは治安が良く安全という事を実感していますが、日本より

はかなり生活に気遣いが要求される環境だと思います。

人間そのものの生活力といいますか、生きる力を試されるようなイ

メージです。

いかに日本が恵まれていて楽に生きていたかを思い知らされています。

自分の身は自分で守る、を念頭に置いて日々生活していきましょう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ